« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月25日 (日)

打上花火 SMILE

2013年8月23日は伊東温泉夢花火Part10が行われました。

そこでいつも気になる打ち上げ花火のSMILE。

花火が開いた時の角度によって、なんだか訳のわからない花火になってしまいます。

そこで、打上花火Smileの成功例と失敗例の映像を作成してみました。

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

富士山

昨日(平成25年8月20日)は久し振りに世界遺産の「富士山」が見えました。

002

上が午前9時30分頃に小室山付近から撮影した富士山です。

その後30分位で雲に覆われてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

日産ノートの燃費

暑い日が続きます。

昨日と一昨日は裾野カンツリークラブで開催されたFANCL CLASSIC(ファンケルクラシック)を観に行ってきました。(PGAのシニアツアー)

色々とお土産くれたり、ファンケルのドリンク無料でもらったり・・・シニアツアーでも見所満点でした。

伊豆の伊東から、片道50キロメートル程の距離にあるゴルフ場の為、ちょっとした遠乗りになりました。

そこで、日産ノート(型式DBA-NE11)の今回の燃費です。

342.1Km/36.35ℓ=9.41Km/ℓ

レギュラーガソリンの単価は、152円/ℓ でした。

今回も余りに暑いのでエアコンガンガン効かせた遠乗りの結果ですが、1499ccのエンジンの割に燃費は悪く感じます。

友人に「こんなものなのかな?」と聞いたところ、「それは悪すぎじゃないの?」と首を捻られました。

本当はどうなんじゃろ!?

 

あんじん

 

プレー曜日
プレー料金
    円~
エリア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

日産ノートの燃費

さってと・・・

今回の燃費計算は。

その前に、レギュラーガソリンの単価が ¥152-/ℓ になっていました。(伊東市内のセルフスタンド3万円カードにて・・・) ちなみに灯油は ¥96-/ℓ と、お高くなりましたなー。

これで消費税でも上がったら大変だね!!(それでなくてもガソリンには何重にも税金が掛かってるのに。)

本題に戻って、結局今回は 206.2Km/27.24ℓ = ¥7.57Km/ℓ でした。

暑い日が続いたので、エアコンガンガン使った街乗りですが、こんなに燃費が悪いのか・・・。

んー

やっぱり軽自動車にしとけば良かったのかな?

あんじん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

放射線測定器の販売

以前は「放射線測定器なんか一家に一台必要な物ではありません!!」
等と書いた事もありましたが・・・・。

既に日本では一人一台持ち歩く時代に突入したようです。

なんたって、放射性物質を海に垂れ流しですからね・・・。

かと言って、市場に出回っている簡易測定器ではスーパーで売っている食品の放射性物質濃度なんて測定できないし・・・。

買い物に行くときに手軽に持ち歩きの出来る「放射性物質汚染検査装置」みたいな測定器が欲しくなってきました。

なんたって、放射性物質を海に垂れ流しですからね・・・。

環太平洋の国々に暮らす方達に申し訳ないです。海は繋がってますから・・・。

ちなみに、私は伊豆の伊東に住んでいますが、安価で購入した放射線の簡易測定器では常に線量当量率が 0.05マイクロシーベルト/h で変化が無いので測定する面白味がありません。

しかし、スーパーに出回っている食品の放射性物質による汚染の検査は行いたいです。

あんじん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年8月 4日 (日)

ズイナ

香川大学希少糖研究センターで「ズイナ」の研究を行っているらしい・・・

正確には、ズイナと言う植物の葉で生産されるD-プシコースと言う名の希少糖の研究らしい。

ってこういった話題に目の無い私は「D-プシコース」について調べてみました。

すると

・ D-プシコースとは、自然界に少ししか存在しない 「糖」である事。

・ 多くの植物の中で、ズイナの中には確かに希少糖D−プシコースは存在しますが、他の植物には全くその存在は見つかっていない事。

・ D-プシコースには、他の植物の種子の発芽抑制能力がある事。

・ ブドウ糖に似た「糖」なのに、人体に吸収されない事。したがって、糖尿病の治療等にも効果が期待できる事。・・・・等

さっそく我が家の盆栽に「ズイナ」が加わりました。

005

上は、少し剪定した「ズイナ」

002

こちらはこれから剪定しようと思っている「ズイナ」

ズイナのクローンにも挑戦しています。

古典的な挿し木で増やせる事がわかりました。

なんとなくお茶の木にも似ているので、もう少し大きくなったら茶摘みの要領で若葉を摘んで焙煎してみようと思っています。(生でかじってみたら苦いだけだった・・・)

あんじん

ここで「私もズイナを盆栽にしたい!!」と思った方に朗報です。

ここで販売しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

トリチウム(三重水素)

東京電力福島第一原発の放射能汚染水が海に流出し続けている問題。

特に最近は「トリチウム(三重水素)」が話題になっていますね。(放射性物質はこれだけじゃ無いのに・・・)

 私は重水減速炉の「ATR ふげん」発電所でも放射線管理を行っていましたので、トリチウムの管理には手こずりました。(後で出てきますが内部被ばくの要因となる放射性物質です。)

トリチウムとは・・・ ³H で表される三重水素の事で、これが β⁻ 壊変により0.0186MeVのエネルギーのベータ線を放出する物理学的半減期が12.3年の放射性物質なんです。(エネルギーとしてはとても小さいです。)ただし人体がトリチウムを体内に取り込んだ場合は全身に均等分布し、新陳代謝などの生物学的半減期も考慮し、実効半減期はおよそ10日としています。

 日本の商業用原子炉は基本的に軽水減速炉(普通の水を中性子の減速材に使っている)の為、原子炉の中には水(H₂O)の構成要素である ¹H(水素)が大量に存在します。したがって、原子炉運転中は ¹H(水素)が中性子を取り込んで ²H(重水素)へ、これが更に中性子を取り込んで ³H(トリチウム)となり、原子炉運転中はトリチウムを大量生産しています。

 アイソトープ手帳等で調べると、トリチウムの主な生成法は ⁶Li(n,α)³H となっていますが、これはリチウムに中性子照射をし、α壊変を経てトリチウムが生成される事を意味しています。

  しかし軽水炉の中では単純に ¹H(普通の水素)に中性子が取り込まれ、 ²H(重水素)へ。更に中性子が取り込まれ ³H(トリチウム)が生産されていますが、問題なのはこのトリチウムが主に水や水蒸気の形態で環境中に存在し、われわれ生物の体は放射性トリチウムで構成された水なのか普通の水なのか判別出来ない所にあります。

 

 

 小学生の頃理科の授業で教わったと思いますが、地球上のあらゆる生命体は「水」無くして存在出来ません。われわれ人類も体重の約70パーセントが水で構成されています。

 放射性のトリチウムは主に水や水蒸気の形態で環境中に存在する為、人間の体に取り込まれた場合、体全体に均等に分布します。(トリチウムは主に液体シンチレーションカウンターという測定器で測定は出来ます。)

 通常の飲食、呼吸、更に皮膚呼吸でも体の内部に侵入してくるやっかいな放射性物質の為、トリチウムの存在する環境ではフルフェイスのエアラインマスクを着用し、ドライスーツを着て作業を行いました。

 こんな放射性物質を海に垂れ流し・・・・海洋生物の体内にも均等分布。

食物連鎖でその海洋生物を食べた動物も被ばく・・・・・・。

日本ではスーパーで買い物をする時に放射性物質の検査をしてからレジに行く様な・・・一人に一台ポータブル汚染検査装置みたいなものが必要な時代になってしまったんですね。(実際にはそんなに便利な放射線測定器は現時点では存在しません。)

家庭用の簡易放射線測定器を購入しようと思っている方はこちらでどうぞ。

福島原発周辺海域では、その内得体の知れない海洋生物が発生しそうですね。

あんじん

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2013年8月 2日 (金)

アサイー

テレビやラジオ、雑誌等で話題の「アサイー」

抗がん作用や抗酸化作用が有るらしい・・・・。

って、さっそく種を取り寄せて植えてみました。

001_2



写真のアサイー(苗)は「ドワーフ・アサイー」と言って、小型の「アサイー」です。

種は上の「ヤフオク」で手に入れました。

002

上は今年7月に植えた種ですが、もうこんなに大きくなりました。

Acai_01

参考までに、アサイーの苗が大きくなるとこちらの写真の様に実が成ります。

あんじん

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »