« ノートの燃費 | トップページ | 今年のキウイ »

2013年7月 8日 (月)

弾丸登山の薦め

「弾丸登山の薦め」って・・・世界文化遺産に登録が決定となった「富士山」のお話です。

 私はほぼ毎日、近所の小室山(静岡県伊東市)へウォーキングとジョギングに出掛けるのですが、本日7月8日の朝は7月1日以来久し振りに富士山が見えました。午前10時には雲で覆われて見えなくなってしまいましたけどね・・・。

001こちらは伊東市の小室山から見えた「富士山」。

 そこで、ここからが富士登山のお話です。

昨年こそ仕事の関係で富士山に行く事が出来なかったのですが、私はそれまでの毎年富士山の頂上目指して登山していました。

思い起こせば、初めて富士山頂上を目指したのが最近言われる様になった「弾丸登山」 。

2度目は指向を変えて山小屋へ一泊してから、早朝の頂上アタック。(ご来光目当てです。)

その後は毎年「弾丸登山」 。

何故弾丸登山なのか?

それは弾丸登山が富士登山に一番適していると思ったからです。アマチュア無線の無線機(144MHzと430MHzのデュアル)を持って、休憩した時にCQ出しながらのんびりと登ります。

ちなみにコールサインは 「JG2VYV」 もしも空中線で見掛けたらよろしくお願いします。

毎年富士山に登山しているので、静岡県に住んでいながら一度も富士山に登った事がない(いつでも行けるから)といった友人や知り合いから「一度連れて行ってくれ」と頼まれる事もあるのですが、そんな時も弾丸登山で連れて行きます。

一昨年は50才過ぎた女性から「富士山頂上に連れてってくれ」と言われ、やっぱし弾丸登山の日程で頂上制覇致しました。

002

 富士山が世界文化遺産になった途端に「止めよう!!弾丸登山!!」等のスローガンを抱えて、いかにも日帰り登山をする人を悪者扱いにする様な風潮に大反対です。(世界文化遺産登録前からささやいては居ましたが・・・)

山小屋の利権を確保しているだけでしょ?

大切なのは「これから日本で一番標高の高い山に登るんだ」と言った心構え!!

高山病に対処する為に、登り始める1時間位前に5合目に着いて、暫くお土産屋さん等を廻って買い物するなり、頂上を見つめて気分を盛り上げたり・・・・。

それだけでも酸素濃度の薄い高山病対策になります。

夜間登山する為には勿論ヘッドランプが必要ですが、富士山の頂上は夏場でも凍えるくらいに寒いので、防寒着の準備。

下から吹き上げるような雨もあるので、雨合羽の準備・・等々。

ハイキングじゃなくて登山なんだって準備で登れば弾丸登山が1番!!です。

しかも夜間は混雑していないので、マイペースで登山出来て疲れにくい。(昼間だと、前がつかえて立ち往生したり、下山者に道を譲ったり・・・・登山以上に体力を使います。)

弾丸登山が諸悪の根源みたいな言い方は止めてください!!

確かにTシャツ一枚でサンダル履きで登ろうとするアホたれは存在するが、寒くて途中で降りてきます。

私が山小屋に宿泊した時の感想ですが、そもそも山小屋は狭い、汚い、収容人員以内の人しか受け入れてなくてもギュウギュウ詰めで、隣の人とぶつかるは、イビキはうるさいは・・・。食事は不味い・・・。更に付け加えて安くない

言う事無しに、富士山の山小屋に宿泊するメリットなど存在しません。(これがアルプス等なら泊まらざる終えないのですが・・・)

富士山が世界文化遺産に登録された以降は、更にギュウギュウ詰めの状態が予想されますし、収容人員を増やすスペース等無いと思います。

利権の確保で世界遺産に胡座をかこうとする団体に幻滅です。

ANJIN

|

« ノートの燃費 | トップページ | 今年のキウイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159748/57750376

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸登山の薦め:

« ノートの燃費 | トップページ | 今年のキウイ »