« 今日のこの日は「記念日」ですね。 | トップページ | 脱原発への取り組み(その2) »

2012年7月 2日 (月)

脱原発への取り組み(その1)

少しでも電力会社から電気を買わない様にする。

イコール(=)

脱原発への取り組みの第一歩!!

という事で、我が家では「完全独立型太陽光及び風力のハイブリッド発電システム」を構築する事と致しました。(電気工事士の資格を無駄にしない為にも・・・)

まずは風力発電の架台作りから・・・って、この作業は電気工事と関係ないかも。

002

溶接に結構手間取りました・・・。

003

支柱を立てて仮組み立ての出来上がり!!

これを屋根の上に乗せるつもりです。

004

無事、我が家の2階の屋根の上に乗りました。

005

最後は架台にステーを張って風車を付けて最大12V300Wの風力発電システムの出来上がり!!(よく「3枚羽根の風車は台風の時にしか回転しない・・・。」と言った事を耳にするので、今回は1メートル未満の微風でも回転するとされている6枚羽根の風車を選択しました。)

確かにこの風車は微風でも良く回転します。

今日もそれ程風は強くなかったけれど、良く回っていました。(台風の様な強風に耐えられるのか、実証が必要かな!?)

発電量の検証も後日行なう予定です。

Anjin

|

« 今日のこの日は「記念日」ですね。 | トップページ | 脱原発への取り組み(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159748/55105160

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発への取り組み(その1):

» 電気工事士とは [士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役]
◇電気工事士とは◇電気工事士とは、経済産業省管轄の国家資格で、住宅や店舗、工場などの電気工事を行う技術者の資格です。資格は第1種と第2種とに分かれていますが、これは対応できる工事の内容によるものです。第1種では、最大電力500キロワット未満の電気工事までを扱うことができますので、中小規模のビルや工場などの屋内配線や受電設備配線なども含む電気工事に従事できます。第2種では、600ボルト以下で受電する設備の工事が対象となりますので、住宅や店舗の屋内配線や照明器具の取り付けなどに従..... [続きを読む]

受信: 2012年7月 6日 (金) 23時02分

« 今日のこの日は「記念日」ですね。 | トップページ | 脱原発への取り組み(その2) »