« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月20日 (火)

小室桜が見頃です!!

 静岡県伊東市のゴルフ場

「サザンクロスカントリークラブ」では、 「小室桜」が見ごろを迎えています。

001

 ソメイヨシノより、少し濃い目の花は今日の様な「ポカポカゴルフ日和」に映えますね。

002

 運動すると暑い位の陽気が続くと良いですね。

 因みに、隣接するホテルサザンクロスはゴルフをするトーナメントプロに「幸運のホテル」と呼ばれているとか・・・。ここのホテルに宿泊すると良い成績を収められるらしい。

 昨年は金クミがフジサンケイレディースで優勝かっさらって行ったっけ!?

さて、今年は・・・・???(フジサンケイレディースは4月20日~3日間川奈ホテルゴルフ場にて開催されます。)

PS パソコン自作しましたが、グラフィックボードの消費電力に550ワット電源が容量不足となり、新たに700ワット電源で組みなおしました。現在は絶好調です!!

あんじん

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

久し振りにパソコンの自作を行ないました。

数年前に自作したパソコンが壊れてしまいました・・・原因は電源のコンデンサー破損!!

そこで、最近のパソコンの性能はとても進化していると言った情報を目にした私は久し振りにパソコンを自作してみました。

コンセプトは、ゲームにも耐えられるミドルクラスPC!!

スペックは以下の通りにしてみました。


CPU : Core i5 2500K (17,480円)

M/B : ASRock Z68 Extreme4 Gen3  (12,980円)

メモリー : ADATA DDR3 8GB×2 合計16GB (8,580円)

SSD : ADATA AS510S3-120GB (11,350円)

HD : Seagate ST 2000DM001 2TB (10,980円)

DVD : LG DVD GHNS90  (1,980円)

電源 : KEIAN GRI-MAX2 KT-S550-12A (3,000円)

ケース : ZALMAN Z9 PLUS  (4,750円)


オーバークロックとオンボードグラフィックを使用したかった為、CPUとマザーボードを決定!!

立ち上がりのスピードを実感する為にOS(Windows7 Ultimate)をSSDにインストールし、データやその他のプログラムを2TBのハードディスクに保存。

光学ドライブはLGのスーパーマルチで我慢して、電源にKEIANの550W日本仕様を使いました。(電源が壊れて自作するのに、もっと良い物を選べば良かったかも・・・)

ケースは安くて使いやすいと評判のZ9 PLUSを購入。

サクサクっとパソコンが完成!!

Pc_001

オンボードグラフィックの性能をFF14ベンチで測定すると700点・・・・低い。

仕方が無いので以前のパソコンで使用していたGeForce9500GTを組み込み、再びFF14ベンチで測定したら900点・・・同じく低い。

しかしCPU内蔵グラフィックの性能はGeForce9500GTよりも低い事が判明しました。(どちらもFF14をプレー出来るスペックに達していません。)

仕方が無いので、GeForce GTX 550 Ti Sonic (NE5X55TSHD09-1160F V2)を新たに購入しました。(予算に限界があるので、比較的安価な製品に頼っています。)

GTX 550 Ti Sonic10,980円だったので、合計82,080円の出費となってしまいましたが、これで最近の3Dゲームが苦も無く動くパソコンの完成です。(動画の加工や編集も思い通りです。)

 

あんじん

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

東日本大震災から1年

 テレビ等で放送されている討論番組やニュース、専門家の解説等を見ると、特に福島第一原子力発電所の事故によって拡散された放射性物質の安全性や除染作業について、被災者、有識者(と呼ばれている変なおじさんやおばさん)共にトンチンカンな事を言っているのが目立ちますよね。

 既に放射性物質による「汚染列島」になってしまっている我々の住む「日本」。

小学校や中学校に於ける「義務教育」の場で、放射線や放射性物質に関する基礎的知識の学習を行なうべき時に来ていると思います。

こんな事を書くと、「そんなに難しい事を義務教育の場で出来る訳が無い!!」と思った方も居るとは思いますが、実はこれはとても簡単なんです。

 何故か・・・・。

原子力発電所の放射線管理区域内で作業を行なう作業者に対し、入所前に法律によって義務付けられた「放射線や放射性物質に関する基礎的知識」に関する教育が行なわれていたのですが、文盲率が世界一低いと言われている「日本」に於いて、文字を読めない程度の学習能力しか持っていない作業者も、知識レベルの確認試験で「合格」する事が出来るレベルの教育だからです。(それでも放射線や放射性物質の何たるかは理解できます。)

 一般的に原子力発電所で働く作業員と言ったら、「あらゆる分野の優秀な作業者が集められているのかな?」と思っている方も多いとは思いますが、これはとんでもない大間違い!!

勿論優秀な作業者も沢山居ますが、文字が読めないレベルの作業者(外人だからじゃありません)もとても沢山従事しています。

 私は日本各地の原子力発電所で、その教育の講師も行なっていたので、これは間違えの無い事実なんですが、優秀な人間も、優秀でない人間も、ごっちゃ混ぜになって同じレベルの学習を行なう・・・。勿論理解度は人によって異なりますが、これって義務教育の象徴じゃないでしょうか。

少しでも知識レベルが上がる事によって、トンチンカンな会話が無くなるような気がします。

Anjin

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »