« キセノン133、135 | トップページ | 放射性物質を大気中に拡散させないで!! »

2011年11月28日 (月)

原子炉制御不能・暴走事故

 私は「原子力反対勢力」ではありません。

国土が狭く、資源の少ない日本が発展し、国民が不自由無く生活する為には、エネルギーが絶対に必要となります。

福島第一原発で世界を巻き込む程の大事故が発生したにもかかわらず、こんな事を言うのも何ですが、「原子力発電」は、安全でクリーンなエネルギーが実用化されるまでのつなぎとして運用しなくてはならないと思います。

しかし・・・。

原発を運用する為には、過去の(日本の)原発関連事故について徹底的に検証して頂きたいのが私の(このブログの)真意です。

特に重大事故に直結する様な以下の事例は徹底的に検証をする事が今後も日本が原発を運用する上で絶対に必要だと思います。

2007年3月にも私のこのブログで書いていますが、北陸電力(株)志賀原子力発電所1号機臨界事故!!

メディアの記事によると、以下の様に書かれています。

(ここから記事の引用)

1999年の臨界事故とその隠蔽

1999年6月18日、本施設は定期検査中に制御棒1本の緊急挿入試験を行なっていたが、操作手順を誤った事から3本の制御棒が炉から引き抜かれた状態となり、炉は15分間臨界となった。しかし北陸電力はこれを直ちに国に報告せず、検査記録を改竄するなどして隠蔽を計り、2007年3月15日になってこの事故の存在が明るみに出た。

経済産業省はこの事故を重大事故と見て、事故の発覚時に北陸電力の社長であった永原功を同日16時に呼び出し、志賀原発1号機の運転停止を命令した。北陸電力は同日18時から運転停止作業に入った。 

(ここまで記事の引用)

 当時の情報では、北陸電力(株)志賀原子力発電所1号機が第5回定期検査の為、出力を下げようと制御棒を挿入していった所、原子炉出力が下がらず制御不能のまま約15分間原子炉が暴走し、臨界状態が継続した事故で、原因は不明のままでした。

 皆で祈っていたら、これも原因不明のまま制御が回復し、原子炉は通常停止しましたが、もしも制御が回復しなかったら・・・・と思うと「チェルノブイリ原発事故」の二の舞とも言える様な大事故となっていたでしょう。

(我々にも緘口令が敷かれていましたが、まさか8年間も隠蔽されていたとは思いませんでした。)

 何故上記引用記事の様な発表になったのかは、色々な意味でとても疑問が残りますが、そもそも北陸電力は、当時の原子炉メーカーで最新型の沸騰水型原子炉が開発されていたにも係わらず、あえて他の電力会社で運用実績のある旧型の原子炉を設置し、安全に運用しようと心がけていたにもかかわらずにこの様な大事故に至った事に大問題がありますし、放射線管理区域と言う区画の存在が治外法権エリアの如く放射性物質は基より情報や事故(怪我)までも外部に出て来ない様に封じ込められてしまっている。。ひょっとしたら、これが最大の問題点かも知れません。

 「石橋を叩いて渡る位の慎重さを持ってしても、事故は発生する。」

神の火を運用する者は、あらゆる可能性を退けてはいけない。もっと日本の過去の事故事例を徹底的に検証するべきだと思います。

あんじん

|

« キセノン133、135 | トップページ | 放射性物質を大気中に拡散させないで!! »

コメント

原因不明なのが恐ろしいですね((((;゜Д゜)))

投稿: いわ | 2011年11月30日 (水) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159748/53355968

この記事へのトラックバック一覧です: 原子炉制御不能・暴走事故:

« キセノン133、135 | トップページ | 放射性物質を大気中に拡散させないで!! »