« 災害派遣の海上自衛隊 | トップページ | 原子炉制御不能・暴走事故 »

2011年11月 4日 (金)

キセノン133、135

 久し振りの更新です。

東京電力福島第一原子力発電所2号機に於いて「核分裂が発生したときに検出される短半減期核種のキセノン133、135が検出された。」事で「再臨界か!?」と言った報道がされましたが、検出されたキセノンの量から「自発核分裂の結果である」と結論が出されたようですね。

正確な量が報道された訳ではないのではっきりとした事は判らないのですが、もしも再臨界が発生していたとしたら、大気中に拡散されている放射性物質の量は半端じゃ無く、女川あたりのモニタリングポストでも有意な変化が観測される事態だと思います。

 臨界(核分裂した物質から放出された中性子によって連鎖的に他の物質の核分裂を誘発させ、その反応が断続的に継続する事)では無く、 「自発核分裂」と言った言葉はあまり聞き慣れないかも知れませんが、自然界では時折発生していますので、東京電力の見解が正しいと思います。

 自発核分裂を行なう核種としては主に次の物質が有ります。

 1) プルトニウム236

  2) プルトニウム238

 3) プルトニウム240

 4) プルトニウム242

 5) キュリウム242

 6) キュリウム244

 7) カリフォルニウム252 等・・・(アイソトープ手帳より)

これらの中には原子炉運転中に生産された物質もありますが、不安定な為に自発的に核分裂します。

 再臨界で無くて一安心ですね・・・。

このブログも「原子力関連事業者」から「著作権侵害だから閉鎖しろ」等のコメントを頂きましたので、今後どうなるかはわかりませんが、少なくとも私自身が個人的に許可を得て撮影した映像等を使用しています。

 「原子力関連事業者の常識は一般社会の非常識」と言った言葉は古くから囁かれていましたが、これだけの事故を起こしても反省しないって「日本社会の欠陥の塊が原子力産業に集約されていたのか。」と思ってしまう今日この頃です。

ANJIN

|

« 災害派遣の海上自衛隊 | トップページ | 原子炉制御不能・暴走事故 »

コメント

是非とも頑張って続けて下さいm(__)m
今のメディアは全く信用できません!

最近まともだと思っているのは、吉田照美の朝のラジオ番組です!

マスコミや政府は信用できないってスタンスなんです!

投稿: ぷりお | 2011年11月14日 (月) 10時43分

ぜひ続けて下さい。 原発に携わった方の信頼のおける情報は貴重です。 応援しています。

投稿: いわ | 2011年11月 9日 (水) 08時46分

是非とも続けて下さい

今放射線等の事を知りたくてもTVではわからない事が多く

こちらで発信し続けて下さい!

投稿: シオ | 2011年11月 7日 (月) 10時53分

どうか続けてけださい

投稿: ひまわり | 2011年11月 6日 (日) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159748/53161896

この記事へのトラックバック一覧です: キセノン133、135:

« 災害派遣の海上自衛隊 | トップページ | 原子炉制御不能・暴走事故 »