« 2011年7月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年8月14日 (日)

災害派遣の海上自衛隊

 少し古い話題ですが、2011年3月11日に震災が発生し、その後東京電力福島第一原子力発電所の原子炉が「全電源喪失」によって原子炉の冷却機能が失われ、原子炉建屋が水素爆発によって吹き飛んだ後。

 海上自衛隊の護衛艦が福島第一原子力発電所沖合い20キロまで純水を運搬し、母艦を待機させた後、小型の船舶で純水を原発に運搬する作業が行われました。

 私の友人がその任務に就き、放射性物質による汚染の回避方法(チェンジングプレースの設置等)を電話で聞いてきたので助言はしました。

 護衛艦には有事(核戦争等)の際、外気を取り入れる事無く乗組員を汚染された空気から隔離するシステムが有るそうなのですが、エンジンの吸気は外気を取り入れざる終えないそうです。

 そこで、福島原発沖合い20キロに停泊中の船舶のエンジン吸気口の表面汚染密度をGM計数管の直説法で測定したところ、100,000CPM以上で計測不能だった為に相当慌てたそうです。(GM計数管の特性から、入射した放射線が多すぎると窒息してしまい計数しなくなるので、そこまでは汚染していないが計数限界の100,000CPM以上は計数されたらしい。)

Gm_01

 上の写真がその時に使用された物と同じタイプのGM計数管。

注)CPMとは、カウント・パー・ミニッツの事です。

バックグランドの値にも依存しますが、100,000CPMもあればバックグランドなんか無視できる。(実際はバックグランド100CPM程度です。)

 これを表面汚染密度(Bq/cm2)に換算すると、このタイプの測定器の直説法の換算乗数が2.2×10↑-3(Bq/cm2・cpm)なので、100,000×2.2E-3=220(Bq/cm2)となる。

 言い方を変えると、1平方センチメートル当たりおよそ220ベクレルで汚染されていた事になります。

 この測定器では放射性核種は同定出来ないので、仮にアルファ線を放出しない核種であると仮定すると、法令上放射線施設内の表面密度限度が40Bq/cm2なので、法令で規制されている放射線施設内の表面密度限度の5.5倍の表面汚染が海上にあった事になります。

 結論から言うと、それだけの汚染が太平洋に降り注いだという事ですよね。

また、放射線管理区域の基準が、表面密度限度の1/10以上の場所とあるので、海上も「放射線管理区域」なのか??

 法律は簡単に書き換えられるとしても、これらの放射性物質を取り込んだ海洋生物がどうなるのか?

そちらの方が心配です。(大本営発表は常に「異常はありません」ですけどね・・・。)

ANJIN

まともな測定器って高いのぉー・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年8月 7日 (日)

義援金の奪い合い!?

 東日本大震災で原発事故や津波被害を受けた福島県南相馬市で、7月末に始まった義援金の第2次配分をめぐり、住民間の不和が深刻化しているらしい。 

 この金額について、 「俺の所は何でこんなに少ないの?」「原発から30キロ以上離れた土地なのに何でそんなに貰えるの?」と義援金の額について住民の不満が爆発!!

 義援金の奪い合いが・・・・。

 どこかで聞いたような話だな????と思ったら、原発を建設する時も似たような「補助金」の奪い合いが発生していたな・・・・。

Photo_018

 原発を建設する時は、道路を1本隔てただけで隣り合った地域住民の生活水準まで変えてしまい、地域に余計な確執を発生させていましたが・・・・またですか。

 今後は「義援金」では無く、東京電力等の「補償金」の配分もあるし、更なる血生臭い奪い合いに発展する模様・・・。

 原発って、建設する時も事故を終息させる時も、その地域に余計な確執を発生させ、紛争の火種をばら撒く厄介者。 「原発なんか有っても良い事なんか何も無いんだな」と思ってしまう今日この頃でした。

 私が主張していた事柄がほぼ100パーセント正しかった事が実証されてしまった訳ですが、今後も原発ネタにはチョコチョコと突っ込みを入れたいと思います。

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

富士山登山成功!!

 ブログにしては、ちょっと話題が古くなってしまいましたが、2011年7月25日~7月26日にかけて富士山に行って来ました。

 原発関連も少し飽きてきたし・・・。

これで富士山連続登頂記録は4となりました(4年連続頂上制覇です。)

006

上の写真は富士山富士宮口9合半の胸突山荘前。

前日(7月25日の午後8時30分)から登り始め、9合半に着いたのは午前4時位・・・。

時間の掛け過ぎかも知れませんが、今回は非力な友人が居たから仕方がない。

007

何とか富士山頂上「剣ヶ峰」3776メートル地点に到達!!

生憎の曇り空で「ご来光」は拝めませんでしたが、富士五湖等は眺める事が出来ました。

008

 帰ってきたら、さすがに体は「ヘトヘト・・・」全身筋肉痛・・・。

お鉢巡りもしたし、お守りも買ったし、パワースポットを感じてきました。

 GM管でも持っていたら、富士山頂の放射線レベルが測定できたのに・・・。

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年11月 »