« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月 9日 (木)

放射線測定器!!

福島第一原子力発電所の事故のお陰?で、最近は「放射線測定器」が飛ぶ様に売れているそうです。

 ただし、一般の方が「放射線測定器」なる物を購入するには、注意が必要です。

 放射線測定器や放射能測定器と呼ばれる測定器は電離放射線を測定します。

 主に表面汚染密度等を測定する測定器は、一般的にGM計数管(ガイガーミューラー計数管)という主にβ線を測定する測定器を使用し、CPM(カウントパーミニッツ)という単位で計測された値に換算乗数を掛けて、表面汚染密度(Bq/cm2)を算出します。

 線量等量率(mSv/h)を測定する測定器は、主にγ線やx線を測定するのですが、電離箱と呼ばれる測定器や、NaIシンチレーションカウンタと呼ばれる測定器が使用されます。(一般的にNaIシンチレーションカウンタの方が低い線量等量率まで測定できます。)

 放射線測定器って意外と?高価な物なので、何を知りたいのか?によって購入するべき測定器が変わってきますし、どの測定器を使用するにしても決まった放射性核種(主にCo60等)で校正されていますので、一般の方が測定する場合は「あくまで目安値」だという事を頭に入れておいて下さい。

 マイクロシーベルト単位の線量等量率を測定したい場合は、NaIシンチレーションカウンタをお勧めします。

上は高価な物なので、あくまでこちらは参考です。(食品とは限らずに使用できます。)

 安い品物で、一回限りの積算線量を測定する測定器?(フィルムバッヂ)みたいな物も平気で売られていますので注意が必要です。

上のリンクにある測定器や工具の専門店等は、結構まともな品物を扱っている様です。

 もう一度言いますが、「放射線測定器」なんて一家に一台置いておく様な物ではありません。正確に測定するためには「校正」が必要ですし、本当に測定が必要であれば行政にお願いしましょう。!!

ANJIN

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2011年6月 6日 (月)

福島第一原発2号機

東京電力福島第一原子力発電所2号機の原子炉建屋。

地下に溜まった汚染水がグツグツと沸騰し、配管の貫通部から蒸気の立ち昇る様子を映像でを見ると、原子炉の中心にあった筈の燃料は「原子炉圧力容器」の中には無く、「原子炉格納容器」の底もつき抜け、原子炉建屋の地下に溜まった水を沸騰させているようですね。

_01

 原子炉建屋の地下に溜まった水が「グツグツ・・・」って・・・冗談だろ!?

「笑い事じゃない!!」

 原子炉建屋の地下コンクリートも溶かし始めているとしたら・・・・。ちょっと怖いけど、原子炉建屋の地下に溜まった汚染水の循環冷却装置も設置しなくちゃね!!

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

福島第1原発の作業員2人から、多量の放射性ヨウ素が検出された

[報道より]

福島第1原発の作業員2人から、多量の放射性ヨウ素が検出された問題で、東京電力は2人の線量が650ミリシーベルトを上回る可能性があると発表した。
この2人は30代と40代の男性社員で、内部被ばく線量の評価はそれぞれ、210~580ミリシーベルト、200~570ミリシーベルトになるという。
この結果、外部被ばくを加えた被ばく線量は、上限の250ミリシーベルトを超えたのは確実で、650ミリシーベルトをも上回る可能性があるという。

[報道内容はここまで]

 さて・・・原子力発電所で「放射線業務従事者」として、放射線管理区域で作業を行う為の手続きとして、法律で定められた時間行なう「放射線防護教育の受講」があります。その中に「放射線の人体に対する影響」と言う項目がありますので、以下その紹介。

 まず最初に、「放射線の人体に対する影響」には、「しきい値」のある影響と、「しきい値の無い」影響があります。

A002_2

 上の図の様に、「しきい値」のある影響を「確定的影響」と言い、「しきい値の無い」影響を「確率的影響」と言います。

A001_3

 しきい値の有る「確定的影響」には、脱毛、不妊、急性皮膚障害、白内障等があり、しきい値の無い「確率的影響」に、遺伝的障害やガン等があります。

A003_2

 テレビ等で良く見る上の図は、しきい値の有る「確定的影響」のみを表している事に注意して下さい。今回の福島第一原発での作業員の被ばくは、およそ650ミリシーベルト。せいぜい自覚症状の「嘔吐」が現れ、末梢血中のリンパ球が減少する程度と思われますが、大切なのは、しきい値の無い「確率的影響」による「発ガン」のリスクでしょう。

 多量のヨウ素131が検出されたと言う事は、ヨウ素が甲状腺に集まりやすい性質を持っている為、現実にチェルノブイリ原発の事故の時のように「甲状腺ガン」の発生確率が格段に上昇すると言う事です。

 「確率的影響」と言うのは、現れない事もあるので何とも言えませんが・・・。

A004_2

 上の表が、通常時の放射線業務従事者の「線量当量限度」です。今回の福島第一原発は「特別な緊急時」と言う事で、[250ミリシーベルト/年]の基準が適用されましたが、福島原発周辺の一般公衆に[20ミリシーベルト/年]が適用された事には正直「びっくり」です。(考え様によっては、女性や子供も含まれる事から、放射線業務従事者の線量当量限度よりもユルイ・・・)

 ALALAの精神に基づいて合理的に達成可能な限り線量当量を低くし、「確率的影響」の発生確率も合理的に達成可能な限り低く抑える事が必要ですよね・・・。

 周辺地域の土壌の放射性物質の除去は、行政が「合理的で無い」と判断したのかな?

ANJIN

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2011年6月 3日 (金)

濱野皮革工芸【HAMANO】

日本を代表する「皮」製品の会社、濱野皮革工芸【HAMANO】公式ショッピングサイトの紹介です。 (会員登録無料!!)

 HAMANOの最新コレクションや冠婚葬祭用のフォーマルバッグなど豊富に取り扱っています。「日本女性を美しく装うためのハンドバッグ」をテーマに、一世紀をこえてバッグ創りにこだわり続け、日本の皇室をはじめ世界のロイヤルファミリーの方々にもご愛用頂いております。(皇室御用達)

いまなら、濱野皮革工藝OnlineShopでお買い求めいただきましたお客様、先着500名様にオリジナルアロマレザークリームをプレゼントいたします。(※6月1日~以降の出荷分対象。無くなり次第終了。)


ワンランクもツーランクも上の「皮」製品「お勧め!!」です。

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »