« 福島第一原発1号機の原子炉圧力容器に穴? | トップページ | 浜岡原子力発電所 »

2011年5月18日 (水)

福島第一原子力発電所 3号機はやばそう・・・!!

報道によると、 

現在、原子炉には「シュラウド」と呼ばれる壁と圧力容器との隙間を通して水が注がれていますが、このすき間が詰まり、底に溶け落ちた燃料に十分に水が届いていない可能性が高いことが新たにわかったそうです。

 専門家は、この状態が続いた場合、燃料が発する高い熱で圧力容器の底が抜ける可能性がある「深刻な事態だ」と指摘しています。東京電力では当面、3号機への注水量を増やして監視を続ける方針だそうです。

 そのチャンネルボックス(本来の燃料集合体)と炉心シュラウドの隙間って・・・とても狭いし、CRDハウジングのハウジングサポート等もあるので、溶けた燃料が詰まったら・・・水なんか循環しなくなりますよね!!(でも、水が漏れているのだから、少しは通水してますけど・・・。)

 もしも原子炉圧力容器の底(CRDハウジングの沢山の穴の溶接部)が破損して、溶けた燃料が原子炉格納容器の底に溜まった水と反応したら、水蒸気爆発か水素爆発で原子炉格納容器が吹き飛びますよ!!

 もっと悪く考えると、福島第一原子力発電所の3号機で使用している燃料はMOX燃料(最初からプルトニウムとウランを混合した燃料)の為、ウラン燃料のみ使用した場合の核分裂の自己抑制作用として「気泡が増えると熱中性子が出来にくくなり、自然と核分裂反応が起こりにくくなる」と言った性質に関係無く、プルトニウムは速中性子で核分裂反応が普通に起きるので、溶けだした燃料が一か所に固まったら最悪の「再臨界」といったシナリオも頭に浮かんできます。

そうならない事を祈ってますが、注水量を増やしたからって汚染した水が原子炉建屋の地下に溜まるだけだし・・・とにかく中性子を吸収して核分裂反応を喰い止める為に「ホウ酸水は注入して欲しい!!」でも、やっぱり祈る事しか出来ないのか!?

(ホウ酸水って結晶になって析出しやすいから、かえって隙間を塞いでしまう事にもなり兼ねないのが難点・・・・)

ANJIN

|

« 福島第一原発1号機の原子炉圧力容器に穴? | トップページ | 浜岡原子力発電所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159748/51706351

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原子力発電所 3号機はやばそう・・・!!:

« 福島第一原発1号機の原子炉圧力容器に穴? | トップページ | 浜岡原子力発電所 »