« 炉心溶融 | トップページ | 濱野皮革工芸【HAMANO】 »

2011年5月26日 (木)

海水注入の中断は無く、継続していた・・・

[報道より・・・]

 東京電力の武藤栄副社長は26日、福島第一原子力発電所1号機で東日本大震災の発生翌日に、同社が冷却用の海水注入を中断していたとされる問題で「注入中断はなく、継続していた」と発表し、21日に政府・東電統合対策室が公表した調査結果を訂正した。

 同原発の吉田昌郎所長が、事態の悪化を阻止するためには注水継続が必要と判断し、中断を見送っていたという。

 統合対策室はこれまで、東電が3月12日午後7時4分に海水の試験注入を始めた後、原子炉の「再臨界」の可能性を懸念した官邸の意向に配慮し、同25分に独断で注入を中断したとの調査結果を公表。

 しかし、公表翌日の22日には、班目春樹・内閣府原子力安全委員長が、再臨界に関する自分の発言内容が異なると抗議し、調査内容を訂正していた。

 1号機では震災後、炉心溶融(メルトダウン)と水素爆発が相次いで発生。海水注入の中断によって、圧力容器の損傷が悪化した可能性が指摘されていた。

[ここまでが報道内容・・・]

・・・・・・「開いた口が塞がらない」ってこんな事を言うんだな・・・と再認識しました。自民党の谷垣さんもそんな事を言ってましたが・・・。

 議事録が有る訳でもないし、「これで話を丸く治めよう」と言った意図が見え隠れしますね。

 東京電力は、海水注入停止の指示を実行しなかった福島第一原発の吉田昌郎所長に何らかの処分を検討しているそうです。

 確かに指揮命令系統を守らなかった所長は、東京電力の組織の一員としては間違ってるのだろうけど、中断しなかった判断は正しい。

 多分「東京電力のやる事は出鱈目ばかり」と言った印象が世界的に認識されてきた為、現地で指揮を取っている「所長」正しい判断の出来る人なんだよ!!と、世界に向けてアピールしている様にも感じましたが、これは発表を鵜呑みにした場合で、余りにも後からストーリーを考えたみたいに出来すぎてますよね。

このまま東電(本社)に任せていたら、何が起こるか判らない位に不安ですもんね!!

ANJIN

|

« 炉心溶融 | トップページ | 濱野皮革工芸【HAMANO】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159748/51774875

この記事へのトラックバック一覧です: 海水注入の中断は無く、継続していた・・・:

« 炉心溶融 | トップページ | 濱野皮革工芸【HAMANO】 »