« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月26日 (木)

海水注入の中断は無く、継続していた・・・

[報道より・・・]

 東京電力の武藤栄副社長は26日、福島第一原子力発電所1号機で東日本大震災の発生翌日に、同社が冷却用の海水注入を中断していたとされる問題で「注入中断はなく、継続していた」と発表し、21日に政府・東電統合対策室が公表した調査結果を訂正した。

 同原発の吉田昌郎所長が、事態の悪化を阻止するためには注水継続が必要と判断し、中断を見送っていたという。

 統合対策室はこれまで、東電が3月12日午後7時4分に海水の試験注入を始めた後、原子炉の「再臨界」の可能性を懸念した官邸の意向に配慮し、同25分に独断で注入を中断したとの調査結果を公表。

 しかし、公表翌日の22日には、班目春樹・内閣府原子力安全委員長が、再臨界に関する自分の発言内容が異なると抗議し、調査内容を訂正していた。

 1号機では震災後、炉心溶融(メルトダウン)と水素爆発が相次いで発生。海水注入の中断によって、圧力容器の損傷が悪化した可能性が指摘されていた。

[ここまでが報道内容・・・]

・・・・・・「開いた口が塞がらない」ってこんな事を言うんだな・・・と再認識しました。自民党の谷垣さんもそんな事を言ってましたが・・・。

 議事録が有る訳でもないし、「これで話を丸く治めよう」と言った意図が見え隠れしますね。

 東京電力は、海水注入停止の指示を実行しなかった福島第一原発の吉田昌郎所長に何らかの処分を検討しているそうです。

 確かに指揮命令系統を守らなかった所長は、東京電力の組織の一員としては間違ってるのだろうけど、中断しなかった判断は正しい。

 多分「東京電力のやる事は出鱈目ばかり」と言った印象が世界的に認識されてきた為、現地で指揮を取っている「所長」正しい判断の出来る人なんだよ!!と、世界に向けてアピールしている様にも感じましたが、これは発表を鵜呑みにした場合で、余りにも後からストーリーを考えたみたいに出来すぎてますよね。

このまま東電(本社)に任せていたら、何が起こるか判らない位に不安ですもんね!!

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

炉心溶融

[報道より]

東京電力は24日、福島第1原発2、3号機の地震発生後の炉心状況などを模擬解析した結果、原子炉圧力容器内の冷却水が失われていた場合、2号機は地震から約101時間後の3月15日午後8時ごろ、3号機では約60時間後の同14日午前3時ごろに核燃料の大部分が溶融し、1号機と同様、圧力容器底部に落下し「炉心溶融」していたと発表した。

また、1号機については、地震発生から約15時間後に圧力容器が破損したとの解析結果も示した。

ここまでが報道内容・・・。

Wai_02

 ある程度は予測出来ていた・・・にしても、震災後2ヶ月も経てこんな発表って・・・。パニックを防ごうとしたにしても意図的に「大丈夫!!放射性物質の漏洩は微量です。原子炉圧力容器と原子炉格納容器の健全性は確認しています!!」等と、嘘や出鱈目を吹きまくっていた東京電力と政府の信用は失墜しました。(少なくとも現場近くに居れば、ある程度の予想は出来ました。)現実に原発周囲の土壌汚染は、無視できないレベルまで上昇しています。

 何時の時代でも大本営発表程胡散臭い物は有りませんね。やはり、「自分の身は自分で守る。」これに尽きます。

 唯一の救いは、炉心が溶融していたのに「再臨界」が起きなかった事。ドナルドも祈ってましたから・・・。今後も高濃度汚染水を海洋に廃棄する様な場面はあるかも知れませんが、再臨界を防ぐ事が最優先です。

注)画像削除致しました。 

 参考までに、上の写真が炉底部でCRDハウジングを支える「CRDハウジングサポート」です。(高線量の為、DSPの水中に沈めて有ります。)その外周に有るのが「炉心シュラウド」。実物の写真です。

注)画像削除致しました。 

 上の写真が、原子炉圧力容器の内部の写真です。炉底部にBWRの特徴であるCRDハウジングの丸い筒が沢山見えます。ここの少し上に CRDハウジングサポートや炉心シュラウドが取り付けられていました。

 福島第一原発で溶け出した燃料は、このCRDハウジングの溶接部を溶かし、一部が原子炉圧力容器から原子炉格納容器に漏れ出したと説明していましたね。

 兎に角終息に向かいそうで何よりです。

 「ビックリした」ので話は変わりますが、学校や幼稚園の校庭に滞在した場合の線量当量限度が20ミリシーベルト/年に設定された事。これは震災以前の職業放射線業務従事者の線量当量限度に相当します。(正確には、法律上5年で最大100ミリシーベルト。年間最大50ミリシーベルトの被ばく限度ですが、事業者は一般的に自主規制で年間の平均値である20ミリシーベルト/年としていました。これは、1年で50ミリシーベルトの被ばくをすると、2年で100ミリシーベルトとなり、残りの3年間は放射線管理区域での仕事が出来なくなるからです。)

 この「線量当量限度」と言うのは、一般成人の男性及び生理の上がった女性に適用されるものであって、細胞の新陳代謝の激しい子供や妊娠可能な女性は放射線感受性が高いとされ、適用外だったのです。

 それをいきなり一般社会に適用するとは・・・・行政もパニクッている事の証明かな??

ANJIN

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

浜岡原子力発電所

中部電力㈱浜岡原子力発電所の全ての号機が、万全な安全対策を施すまで運転を停止する事になりましたね。

とてもよい事だと思います。

Nh_12345

上の写真が中部電力㈱浜岡原子力発電所の航空写真ですが、写真を見る限り「とても津波に弱そう」に見えます。浜岡砂丘に建設された浜岡原発は、海と原発の建屋の間に砂を盛り上げた堤防?があるだけ・・・。1号機と2号機は既に営業運転を停止し、廃炉を待つだけでしたが、全号機を停止させて安全対策を施す事は急務であったと思います。

Haichi_12345

 上の図が主要建屋の配置図ですが、津波が新野川を逆流したら、前から後ろから水攻めになる様な配置です。

Bwr

上の図は、やはり沸騰水型原子炉(BWR)Mark1型ですが、1号機と2号機が初期型マーク1(廃炉決定済み)。3号機と4号機がMark1改良型。5号機は改良型沸騰水型のABWR(原子炉1次循環系のPLRポンプと配管が無くなり、インターナルポンプに変更された。)だった。

 つい最近「5号機復水器の海水(CW)系の細管が破断し、エンドキャップが取れていた。」なんて報道を耳にしましたが、これは今までも良くある事で、上の図で言うと、復水器内に入っている海水配管が破断し、海水の混ざった水が原子炉給水ポンプによって原子炉に送られた疑いがあるという事。

「情報を隠蔽している」と言われないように先手を打って公表しただけの事ですね。

これは憶測ですが、常に復水の電導度をモニタリングしているのは当然で、明らかに海水混入を疑わせるデータがあったからこそ政府による全号機(5号機を含め)の運転停止要請を「ラッキー!!」とばかりに受け入れたのが本当の所かも・・・。(原子炉に海水が流入しているといった理由で原子炉を停止したら、「またもや原発で事故発生!!」とか騒がれてたかも知れませんから・・・。)

また、沸騰水型原子炉(BWR)の特長として、原子炉で水が沸騰して作られた蒸気が、直接タービンに送られる構造である為、放射性物質の「腐食生成物」等も直接タービンに送られ機器内部を汚染させる為、主にコバルト60やクロム51と言った放射性物質でタービンや復水器内部も汚染していると言った特長があります。したがって、復水器内部の配管が破断した様な場合でも、微量の放射性物質が外部(この場合は海水)に出てきます。

ANJIN

[参考までに、以下は加圧水型(PWR)の図]

Pwr

BWRと比較すると、蒸気発生器の細管が破損しない限り(ギロチン破断とか話題になったけど・・・)タービンに汚染が行かない構造になっています。制御棒の出し入れを上から行う為、圧力容器底部に余計な溶接部等が無い事が特長です。

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

福島第一原子力発電所 3号機はやばそう・・・!!

報道によると、 

現在、原子炉には「シュラウド」と呼ばれる壁と圧力容器との隙間を通して水が注がれていますが、このすき間が詰まり、底に溶け落ちた燃料に十分に水が届いていない可能性が高いことが新たにわかったそうです。

 専門家は、この状態が続いた場合、燃料が発する高い熱で圧力容器の底が抜ける可能性がある「深刻な事態だ」と指摘しています。東京電力では当面、3号機への注水量を増やして監視を続ける方針だそうです。

 そのチャンネルボックス(本来の燃料集合体)と炉心シュラウドの隙間って・・・とても狭いし、CRDハウジングのハウジングサポート等もあるので、溶けた燃料が詰まったら・・・水なんか循環しなくなりますよね!!(でも、水が漏れているのだから、少しは通水してますけど・・・。)

 もしも原子炉圧力容器の底(CRDハウジングの沢山の穴の溶接部)が破損して、溶けた燃料が原子炉格納容器の底に溜まった水と反応したら、水蒸気爆発か水素爆発で原子炉格納容器が吹き飛びますよ!!

 もっと悪く考えると、福島第一原子力発電所の3号機で使用している燃料はMOX燃料(最初からプルトニウムとウランを混合した燃料)の為、ウラン燃料のみ使用した場合の核分裂の自己抑制作用として「気泡が増えると熱中性子が出来にくくなり、自然と核分裂反応が起こりにくくなる」と言った性質に関係無く、プルトニウムは速中性子で核分裂反応が普通に起きるので、溶けだした燃料が一か所に固まったら最悪の「再臨界」といったシナリオも頭に浮かんできます。

そうならない事を祈ってますが、注水量を増やしたからって汚染した水が原子炉建屋の地下に溜まるだけだし・・・とにかく中性子を吸収して核分裂反応を喰い止める為に「ホウ酸水は注入して欲しい!!」でも、やっぱり祈る事しか出来ないのか!?

(ホウ酸水って結晶になって析出しやすいから、かえって隙間を塞いでしまう事にもなり兼ねないのが難点・・・・)

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

福島第一原発1号機の原子炉圧力容器に穴?

東京電力福島第一原子力発電所1号機は、原子炉の水位が極端に低くなっていることが分かり、東京電力は、原子炉に穴が開いて水が漏れ出しているとみられることを明らかにしました。

B_002

って・・・以前からメルトダウンになり掛けてるって言ってなかったっけ?

上の図は福島第一原発1号機、沸騰水型(BWR)原子炉Mark1型の様子ですが、ニュースを見る限り、中央の燃料集合体が溶けるか破損するかして、圧力容器下部に脱落し、①のPLR配管又は②の原子炉圧力容器が直接破損し、水が漏れてるって事ですね!!

燃料が空気中に完全露出しているのに、原子炉格納容器下部の温度が100℃位という事は、冷却は何とかなっていて、「再臨界」の可能性は低い所まで安定してきていると言う事だと思います。このまま給水配管から水を掛け続ければ良いのだけれど、問題なのは漏れた水が何処へ行っているのかわからない事!!

さて・・・当然汚染されている大量の水は何処へ漏れ出しているのでしょうか!?

ANJIN

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

ゴルフ場の池で男性2人死亡 おぼれる?

[産経新聞より!!]

平成23年5月11日午前9時40分ごろ、群馬県甘楽町天引の「甘楽カントリークラブ」で、プレー中の男性2人が池に浮いているのを、後続の男女が見つけ従業員を通じて119番通報した。2人は消防隊員に救出されたが、1人はその場で、もう1人は搬送先の病院で死亡が確認された。県警富岡署によると、死因は水死で、事故の可能性が高いとみて原因を調べている。

 2人はいずれも埼玉県入間市の会社員で、村上将仁さん(58)と蜂谷和人さん(63)。

 同署の調べでは、2人は後続の男女3人とともにゴルフ場を訪れ、プレーを開始。後続の男女が12番ホールの池近くに2人のカートが置かれているにもかかわらず、姿が見えないことから付近を捜索して池で発見した。

 同署によると、池は水深約1メートルで、当時は雨が降っており、滑りやすい状態だった。付近には滑ったとみられるような跡もあることから、同署では1人が池に落ちた後、もう1人が救出しようとして、いずれもおぼれた可能性があるとみている。

記事はここまで・・・

 「そんな事があるのか!?」

ゴルフ場にある池って、精々深さ1メートル位。そこに大の大人が嵌って、もう一人が助けようとして一緒に溺れるの??

立てるじゃろ?? 足が付くじゃろ??

私が働いているゴルフ場(サザンクロスリゾート)にもウォーターハザードとしての「池」が沢山有るので怖くなってきた・・・。

久し振りに「原子力関連」と違った話題でした。

ANJIN

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

浜岡原子力発電所の運転停止要請

菅総理大臣が、中部電力に対して「浜岡原子力発電所の運転停止要請」をしましたね。

浜岡原発って他の原発と比較しても少し変わっていて、他の原発は1号機が日立だと、2号機は東芝と言った具合に各号機毎にメーカーが異なるのですが、浜岡原発の場合は原子炉建屋を東芝が担当すると、タービン建屋を日立が担当する様な具合で、各号機全て東芝が原子炉担当、日立がタービンを担当といった形を取っています。

私は基本的に「浜岡砂丘の上に造った原発は停止する事」に賛成!!
海岸から近く、海抜も低く、防潮堤も不完全だから、東北大震災クラスの地震や津波で福島第一と同等以上の事故が発生する事が予想されます。
もしも事故が発生した場合は、放射性物質の拡散が伊豆半島や首都圏直撃となり、被害は東北地方の比では無くなる。
自民党のエネルギー政策で造った原発の尻拭いを民主党が行っている事は笑えるが、浜岡原発の運転停止は静岡県民として(特に伊豆半島に住んでいる私として)も賛成です。

0002

上の図は、浜岡原発と海の位置を示したものですが、敷地の高さは海抜6~8メートルしかありません。砂丘の高さが10~15メートルあっても、津波が乗り越えたら原子炉建屋は水浸し・・・。福島第一原発の様に「全電源喪失」なんて事にもなり兼ねません。しかも、

設計時の津波の予想最大高さが6メートル!!

これじゃ、原子炉水没です。最低でも防潮堤を高くする工事が完了するまでは運転停止にするべきです。

Photo

次の図が、浜岡原発5号機の真下を走る「断層」の位置図!!

中部電力は、浜岡原発が断層の上に建設されている事を把握していますし、公表しています。

やっぱり、運転停止が正解。政府の要請に従うのか拒否するのか検討中らしいが、これは強制的に運転停止だろ!!

因みに・・・「政府の要請拒否!!」って選択肢は有るのだろうか!?

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

日本政府による犯罪!!

日本政府は今頃になって、福島第一原子力発電所の事故による放射性物質の拡散予測を発表しました。(SPEEDIによる)

今更発表した意図がわかりませんが・・・・

「パニックを避ける為でした。」等と言い訳しています。早目に予測が公表されていれば、迅速な避難が出来たはず。悠長に構えてないで、パニック気味に迅速行動をするべきでしたね。(私はブログで「大本営発表前にとっとと逃げろ」と言ってましたけどね。)

今後、これら地域に住んでいた人の「発ガン」は、他の地域に比べて明らかに高いといった研究データが発表されるのか?隠されるのか?・・・20年後位にわかります。

「1305748_0315_01.pdf」をダウンロード

「1305748_0315_02.pdf」をダウンロード

上の2つのPDFファイルは、文部科学省が発表した放射性物質の拡散予測(SPEEDIによる)の参考ファイルです。文部科学省のホームページに行くと見る事が出来ます。

本当に、税金を納めている国民を馬鹿にしていますよね!!

ガンが発生したからと言って、放射性物質との因果関係を証明するのは至難の業だし、政府の落ち度を証明するのもお金が掛かるし・・・・。過去に何度も起きている、公害集団訴訟の様なものが、東京電力と政府を相手にして発生しそうですね。

ANJIN

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »