« メルトダウンが発生すると・・・ | トップページ | 米国民は半径80キロ圏内から退避勧告 »

2011年3月16日 (水)

東京電力㈱福島第一原子力発電所

ニュース等を見ていると、刻々と状況が悪化しているようです・・・。

既に人が近づいて作業をする事が出来ないレベルの放射線。

希望的観測ですと、このまま徐々にウラン燃料が冷えて行ってくれれば良いのですが、特に4号機は定期検査の準備中であったらしい・・・。

本当の事を言うと、私が原発で働いていた頃は制御棒(CR)がチャンネルボックスの間に挿入され、核分裂反応が終息した後、十分に熱を冷ましてから使用済み燃料プール(FSP)にチャンネルボックスを移動したり、ローテーションションしたりしていたのですが、近年は定期検査期間を短縮する為に燃料の温度が十分に冷める前に移動などの作業を行う様になっていた為、使用済み燃料プールを覗いてもチェレンコフ現象を見る事が出来るくらいの放射線を発していました。(チェレンコフ現象とは、強い放射線と水が反応してコバルトブルーの光を発する現象)

時既に遅く、運が良ければこのまま自然に終息するけれど、運が悪いと最悪の「炉心溶融」「燃料棒溶融」「再臨界へ」といったシナリオが浮かんできます。

ヘリコプターから死に物狂いでホウ酸水を原子炉の上に空いた穴から投入してほしいです・・・。

話は変わりますが、電力の供給が断たれた地域では、オール電化住宅に住んでる人はどうなってしまったんだろう? やっぱり家庭で使うエネルギーも様々な形態のエネルギーを程よい配分で使用するべきですね。

諸悪の根源!!「オール電化住宅反対!!」

ANJIN

|

« メルトダウンが発生すると・・・ | トップページ | 米国民は半径80キロ圏内から退避勧告 »

コメント

日本人の特性の一部として「自己犠牲の精神」があります。
自分が犠牲になって社会の人柱となる事に美学を見出す国民性・・・。
少しでも「安全なんです」なんて言うと、特攻隊精神で原子炉の中に飛び込んで行く人が居るのかも知れません・・・。
危険な放射線レベルであっても、近づいて放水してくれる人が居るのかもしれません。
原発とは、そういう人々の人柱の上に成り立っているんです。

ANJIN

投稿: ANJIN | 2011年3月17日 (木) 19時51分

テレビに出てくる原発に関する解説をする先生方は何故「大丈夫です。たいしたことありません」という解説ばかりするのだろう

東電からお金をもらったりしているのでしょうか

投稿: ママ | 2011年3月17日 (木) 17時30分

制御電源が一部復旧するらしいです。ビルがぶっ飛んで、格納容器の損傷が懸念されるのですが、電源が一部でも戻れば少しは事態が好転するのではと希望の光が見えた気分です。

投稿: 誰やねんっ20号! | 2011年3月17日 (木) 11時52分

二日前から拝見しています。
科学技術の先端だと思っていた原発が
人海戦術と人柱だったとは思いませんでした。
これからもテレビに出ている評論家が知らないような
真実を教えてください。

投稿: | 2011年3月16日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159748/51137000

この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力㈱福島第一原子力発電所:

« メルトダウンが発生すると・・・ | トップページ | 米国民は半径80キロ圏内から退避勧告 »