« 東北地方太平洋沖地震・津波の現実 | トップページ | メルトダウンが発生すると・・・ »

2011年3月15日 (火)

福島第一原子力発電所 2号機

東京電力福島第一原子力発電所2号機において、サプレッションチェンバーの破損が見られると報道がありました。

手持ちの資料から、初期型のBWR(マーク1かな?)のはずなのでこんな感じの系統図となります。

A_001

(クリックすると大きくなります!!)

原子炉の下の方丸い部分がサプレッションチェンバー(圧力抑制プール)です。

という事は・・・原子炉格納容器の健全性が保たれていないという事なのですが・・・・。

東京電力さん曰く、「原子炉格納容器の健全性は確保されていると・・・」

「おーい!!東電さん!!嘘ばっかし言わないで!!」

ANJIN

|

« 東北地方太平洋沖地震・津波の現実 | トップページ | メルトダウンが発生すると・・・ »

コメント

僕にはANJINさんという先生がいるし、僕自身も福島第一の炉心シュラウド交換プロジェクトの日立フェーズ1にメーカーの営業として参加していましたので少しは構造の知識があります。
> 「それでも原子炉格納容器健全性は確保されています。」
なんてトウシロ向けの発言には敏感にならざるを得ません。
あの頃議論されていた「安全確保」と「リスク」をとうに超えまくっている状況と思えるので精神的に参ってきました。

投稿: 誰やねんっ20号! | 2011年3月17日 (木) 11時56分

ヘリコプターによる散水が中止になったのは原子炉上空の放射線レベルが50mSv/hあった為、自衛隊の線量当量限度を大幅に超えていたという理由で中止になったらしいです。(報道より)
あと、2号機に関しては、現在は格納容器の健全性が確保出来ていないという見解を表明していますが、サプチャーの破損報道があった時は、「それでも原子炉格納容器健全性は確保されています。」と言い張っていました・・・。

ANJIN

投稿: ANJIN | 2011年3月16日 (水) 20時22分

1F2の格納容器の健全性が確保されていると言ったんでしたっけ。
枝野官房長官は1F1と1F3のリアクタビルがぶっ飛んだ時にはそういう言い方しましたけどね。
取り敢えず空自のヘリが消火に上がるって言ってたけど中止したみたいですね。
なんでやろ・・・コワイ

投稿: 誰やねんっ20号! | 2011年3月16日 (水) 18時45分

Thanks for your post! Yes it is a Mark I. It's good to see Japanese nuclear engineers working to get all the information together too. It's very troublesome that there is no trust of the nuclear companies or the government on these issues, scary in fact.

Sorry I didn't respond in Japanese, I read your post but my brain is a little too tired right now. I hope that Japan's 復興 (my new word for the day!) goes quickly and that it is not severely complicated by the worsening of the nuclear plant events. 安全を祈っています

投稿: Alan | 2011年3月16日 (水) 02時34分

更新頻度の保障は有りませんが、よろしくお願いします。
私は伊豆の伊東市に住んで居ますので、浜岡原発でこんな事になったら迷わず長野県方面に逃げます。
放射性物質の拡散は風の流れに沿うって事です。

ANJIN

投稿: ANJIN | 2011年3月15日 (火) 16時24分

何か、大変なことになっていますね。私は首都圏に住んでいて、直接地震の被害には会わなかったのですが、福島の事故は首都圏どころか、もっと広範囲にそれも復興以後長い期間に亘って被害をもたらしそうで、怖いです。テレビの報道は嘘ばっかりで本当のところが全然分りません。まあ、テレビに出て来る社員は実際には現場に行ってないのでしょうね。このHP、確かな情報が欲しいと考えてる人たちに広めてもいいですか?

投稿: アライ | 2011年3月15日 (火) 09時28分

今度は2号機から爆発音?があったらしい・・・って、6時10分の速報が来たのが8時・・・2時間遅れの速報なのか。
今まで原子炉圧力容器から原子炉格納容器へ圧力を逃がしていた訳だから、原子炉格納容器の破損イコール放射性物質の大規模拡散の開始を意味しますよ!!
まー・・・兎に角、放射性物質は偏西風に乗る訳だから、微風なんか気にせずに、発電所の南西方向に出来る限り逃げるのが懸命ですよ。

ANJIN

投稿: ANJIN | 2011年3月15日 (火) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159748/51124163

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原子力発電所 2号機:

« 東北地方太平洋沖地震・津波の現実 | トップページ | メルトダウンが発生すると・・・ »