« 東京電力㈱福島第一原子力発電所 | トップページ | 福島第一原子力発電所4号機 »

2011年3月17日 (木)

米国民は半径80キロ圏内から退避勧告

既に人間が近付いて作業を行う事が出来なくなった東京電力㈱福島第一原子力発電所。

米国民は、半径80キロ圏内から退避するように勧告されたらしい。

001_2

見るも無残な原子炉建屋①号~④号機。衛星写真や周辺の線量当量率を評価した結果、半径80キロ圏内には近付くな!!といった勧告になったらしい。

まー・・・既に人が近付いて作業を行う事の出来る状態ではないので、結構正しい勧告だと思う。

002

日本のマスコミは、周辺の放射線のレベルを測定した結果「安全である」と結論付けているが、その根拠が私にはわからない。

これらの原子炉は、一歩間違えれば大変な事になる要素を残したまま放水作業が行われており、作業者の被ばくも半端じゃない状況で作業を行っています。

「放水作業によって使用済み燃料の温度を下げられる」といった根拠の方がよっぽど希望的観測に過ぎないような気がします。なぜなら、使用済み燃料プール(FSP)から水が漏れたのはプールの底が破損したからであって、まさか「地震の振動でプールの半分の水が跳ね上がって喪失した」なんて考える人は少ないかと思います。また、「冷却システムが動作しなかった事によってプールの水が蒸発した」のであれば、もっと多くの放射性物質が大気中に放出されているはず。

使用済み燃料プールの「水を貯める」といったプールとしての機能は失われていないのであろうか?

ANJIN

|

« 東京電力㈱福島第一原子力発電所 | トップページ | 福島第一原子力発電所4号機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159748/51147448

この記事へのトラックバック一覧です: 米国民は半径80キロ圏内から退避勧告:

« 東京電力㈱福島第一原子力発電所 | トップページ | 福島第一原子力発電所4号機 »