« 送電線の引き込み作業 | トップページ | PCV内主要配管 »

2011年3月26日 (土)

タービン建屋の水溜り・・・

タービン建屋の地下に水溜りが有り、作業者が被ばくしたらしい・・・。

水溜りの水は、原子炉から流れてきた核分裂生成物も含む炉水である可能性が高いらしい。

系統図を見ると判るとおり、原子炉とタービン建屋は主蒸気(MS)配管で繋がってます。

A_001

今まで原子炉に対して何を行なってきたかというと、炉圧が高くなっても何とかベントしながら、圧を抜いて無理矢理水を押し込んできました。当然SRV(セイフティーリリースバルブ)は自動的に解放され、MSIV(メインスチームアイソレーションバルブ)を解放して原子炉圧力容器の減圧を行なった様なので、タービンへ通じるルートに障害物が無くなります。主復水器に圧を逃がしたっぽいです。

通常運転圧力以上で・・・・。

押し込まれた水は何処へ行くかというと、主蒸気(MS)配管を伝ってタービンへ!!

ここから抽気(ES)、クロスアラウンド配管又はバイパスラインを通って複水器ホットウェルへ!!

通常のホットウェルは蒸気が海水で冷却されて水に戻した復水を貯める場所で、負圧になっているのですが、今回は運転時以上の高圧で押し込まれている為、「ホットウェルのマンホールから炉水が漏水した」と言ったところが正しいかな?(あくまで私個人の予想です。)

復水ポンプも回っていない訳だから、圧力の逃げ場が無いし・・・

FDW系からの逆流は、逆止弁があって無理っぽいから・・・

SJAE(スチームジェットエアーエゼクター)から排気塔へ回り込んだ炉水もあるかも・・・・。

そんな所かな?

ANJIN

|

« 送電線の引き込み作業 | トップページ | PCV内主要配管 »

コメント

昨晩友人から紹介されやってきました。
内容が内容だけにとても驚いています。
テレビなどで喧伝されている情報のインチキぶりがよくわかります。
これは多くの人たちが知らないといけない内容なのではというのが感想です。

投稿: 風太 | 2011年3月29日 (火) 07時59分

事故現場の作業員はとても劣悪な状態で作業をされていることをネットのニュースで知りました。大量被爆の危険を冒して作業しておられるのに、せめて食事や休息場所など基本的なことくらい最大限のバックアップができないものでしょうか。東電や政府は何をしているのでしょう?怒りを覚えます。
”大量被爆をして「造血幹細胞移植」が必要になった場合に備えて、作業員自身の造血幹細胞をあらかじめ採取して冷凍保存しておくよう、専門医が提言している”というニュースもありました。もっともっと作業員の守り方について意見が出て、素早く実施されるべきだと思います。

この難題に命がけで取り組んでいる作業員を守ろう!!
できうる限りのバックアップをしよう!!
無事で家族の元に帰そう!!

そんな声が日本中で上がりますように。

投稿: コロン | 2011年3月27日 (日) 00時02分

海上自衛隊に勤務する友人から、福島第一原子力発電所に純水を船で運ぶんだけど、放射線とか汚染とか・・・どうなの?
と連絡があった・・・自衛隊でも不安なんだね!!
沖合い10キロに母船を停泊させて、タグボートで岸壁に着岸するらしい。
色々とアドバイスはしたけど、兎に角頑張って欲しい。

ANJIN

投稿: ANJIN | 2011年3月26日 (土) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159748/51223551

この記事へのトラックバック一覧です: タービン建屋の水溜り・・・:

« 送電線の引き込み作業 | トップページ | PCV内主要配管 »