« 2010年3月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月26日 (土)

タービン建屋の水溜り・・・

タービン建屋の地下に水溜りが有り、作業者が被ばくしたらしい・・・。

水溜りの水は、原子炉から流れてきた核分裂生成物も含む炉水である可能性が高いらしい。

系統図を見ると判るとおり、原子炉とタービン建屋は主蒸気(MS)配管で繋がってます。

A_001

今まで原子炉に対して何を行なってきたかというと、炉圧が高くなっても何とかベントしながら、圧を抜いて無理矢理水を押し込んできました。当然SRV(セイフティーリリースバルブ)は自動的に解放され、MSIV(メインスチームアイソレーションバルブ)を解放して原子炉圧力容器の減圧を行なった様なので、タービンへ通じるルートに障害物が無くなります。主復水器に圧を逃がしたっぽいです。

通常運転圧力以上で・・・・。

押し込まれた水は何処へ行くかというと、主蒸気(MS)配管を伝ってタービンへ!!

ここから抽気(ES)、クロスアラウンド配管又はバイパスラインを通って複水器ホットウェルへ!!

通常のホットウェルは蒸気が海水で冷却されて水に戻した復水を貯める場所で、負圧になっているのですが、今回は運転時以上の高圧で押し込まれている為、「ホットウェルのマンホールから炉水が漏水した」と言ったところが正しいかな?(あくまで私個人の予想です。)

復水ポンプも回っていない訳だから、圧力の逃げ場が無いし・・・

FDW系からの逆流は、逆止弁があって無理っぽいから・・・

SJAE(スチームジェットエアーエゼクター)から排気塔へ回り込んだ炉水もあるかも・・・・。

そんな所かな?

ANJIN

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

送電線の引き込み作業

作業者の皆さんご苦労様です。

D_002_2

全面マスクにタイベックスーツ着用!!

この格好で行なう高所作業って・・・危険すぎる気が・・・。

D_003

でも、放射性物質が舞っている環境では仕方が無いですよね。

東京近郊の市町村では、水道水や農作物に放射性物質の汚染が検出されたとニュースになっているけど、東京近郊でこれだけの汚染(死の灰)が降り注いでいるという事は、東北地方では降水後にすごい事になっている気がします。

発表が無いのは、測定していないのか?混乱を招くので伏せているのか?

D_001

恐るべし原発・・・。

このブログも、不安を煽るといった理由から予告無しに消されたりしてね。

ANJIN

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

核分裂生成物

今日は、今後東北方面で直面するであろう、放射性同位元素による食物の汚染について。空気中に放出された放射性同位元素は、風に乗って世界中に降り注ぐのです。

東京電力福島第一原子力発電所で使用している燃料をウラン235と仮定すると(実際にはプルトニウム239との混合燃料であるMOX燃料も使用されている。)、ウラン235に熱中性子をぶつけて核分裂を発生させた場合、核分裂収率にしたがって質量95前後の物質と質量140前後の物質が出来上がる。(常に真っ二つに割れる訳ではなく、いびつに二つの物質が出来上がるんです。)

難しく書こうとするといくらでも話が複雑になり、およそ70種類もある核分裂生成物壊変系列を羅列するのは面倒だし、娘核種や平衡の話までしなくてはいけなくなるので、ここは簡単に代表的な放射性同位元素と人体に対する影響まで!!

_01

[放射性同位元素]

3H(トリチウム)半減期12.3年

 水の形で人体に取り込まれ、全身に均等分布する。突然変異の原因となる。

14C(炭素14) 半減期5,730年

 全身に均等分布し、突然変異の原因となる。

32P(リン32) 半減期14.26日

 骨に集積され、白血球減少等の症状が出る。

40K(カリウム40) 半減期1,280,000,000年

 全身に均等分布し、突然変異の原因となる。

45Ca(カルシウム45) 半減期164日

 骨に沈着し、白血病の原因となる。

59Fe(鉄59) 半減期44.5日

 骨髄に沈着し、白血病の原因となる。

60Co(コバルト60) 半減期5.27年

 肝臓、脾臓、下部消化器に沈着し、肝臓ガンの原因となる。

65Zn(亜鉛65) 半減期244日

 肝臓や骨に集積され、肝臓ガン、骨腫瘍の原因となる。

90Sr(ストロンチウム90) 半減期28.8年

 カルシウムと代謝が似ていて、骨への沈着が多い。骨腫瘍や白血病の原因となる。主に消化管から吸収される。

131I(ヨウ素131) 半減期8.04日

   揮発して気道から吸収されやすい。甲状腺に選択的に取り込まれ甲状腺がんや甲状腺機能低下となる。

137Cs(セシウム137) 半減期30.0年

 筋肉や全身に分布し、白血病や不妊の原因となる。

226Ra(ラジウム226) 半減期1,600年

 骨に集積され、骨腫瘍や白血病の原因となる。

232Th(トリウム232) 半減期14,100,000,000年

 肝臓、骨、肺に集積され、肝臓ガン、骨腫瘍、肺ガン、白血病の原因となる。

238U(ウラン238) 半減期4,468,000,000年

 腎臓、骨、肺に集積され骨腫瘍、肺ガン、白血病の原因となる。

239Pu(プルトニウム239) 半減期24,120年

 肝臓、骨、肺に集積され、肝ガン、骨腫瘍、肺ガン、白血病の原因となる。

241Am(アメリシウム241) 半減期432.2年

 骨に集積され、骨腫瘍、白血病の原因となる。

 可溶性のプルトニウム(Pu-239)を摂取すると、大部分は肝臓と骨に集まりますが、粉塵とともに吸入されると肺に沈着します。これら放射性物質が化合物となっている場合は、その化学形が集積部位及び程度に大きな影響をもたらします。

ここに記載した放射性同位元素は、自然界に存在するもの、核分裂生成物、人工的に中性子照射等で作ったもの、原子力発電所等の腐食生成物があります。

また、半減期については物理学的半減期、生物学的半減期、実効半減期、等があり、人体に対する影響については実効半減期を用いる事が正しいのでしょうが、放射性物質の形態(化合物の性状)によって変化する為、物理学的半減期のみを掲載しました。

ANJIN

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

助け合いの輪

世界各国で「日本を助けよう」とする募金活動が行なわれています。

C_001

写真はThailandの「日本を助けよう!!募金活動!!」どちらかと言うと、東南アジアでは嫌われ者の日本ですが、こんな輪が広がると嬉しく思います。

C_002

タイという国は、アジアの中でも元々親日家が多い国ですが、ちょっと前のスマトラ島沖地震で、プーケット島を襲った津波の災難に日本の援助隊も出撃した事が思い起こされます。

C_003

「地球は一つ!!人類皆兄弟!!」

人種や国家等関係無く、何よりも助け合いの精神が必要なんだと、つくづく感じました。

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

50人の決死隊?

東京電力福島第一原子力発電所。

現場の状況をいち早く入手出来る立場に居た東京電力の社員が真っ先に逃げていたと言った報道には・・・「笑った!!」私も東京電力には散々苛められてきたから、この会社の体質は良くわかる。面倒くさいものは全て「協力会社に押し付ける」

Nuclear_004

結局、東京電力の社員は早く逃げる事しか考えていないけど、心のある人も中には居るみたいですね。

外国の報道で絶賛されている「顔を明かさない最後の50人」ここがアメリカだったら、この50人はプロフィールを公開され、ヒーロー扱いされるんですが・・・・。日本はアメリカ型金融資本主義経済を完全に受け入れている割にヒーローの誕生は許さない。

ヒーローに払うお金は無いらしい。

Nuclear_011

実際の所は、この50人が100人となり、1000人となるのでしょうが、(それでも人員は足りないかな?)所属やプロフィールをはっきりさせて、日本国内で賞賛しても良いのでは無いでしょうか?

電力社員が一人も居なかったりして・・・。

ANJIN

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

日本の有識者って何なんだろう?

TBSを見ていて仰け反ってしまった・・・。

日本初の原子力発電所の設計に携わり、原子力の生みの親と称する「有識者」の見解を聞いてショックを受けました。

C_005

「炉心が溶融(メルトダウン)しても臨界にはならない?」  馬鹿な・・・。

ウラン235を燃料とする原子力発電には、中性子を減速させる為の「水」の存在がかかせないので、炉心が溶融しても臨界にはならないと言う理屈らしい・・・・。

確かにウラン235を効率的に燃焼させる為には中性子を水で減速させ、熱中性子にする必要があります。しかし、ウラン燃料の95パーセント位はウラン238(劣化ウランと呼ばれている)じゃないですか?

C_006

ウラン238が中性子を吸収した物が、かの有名な「プルトニウム239」でしょ?

このプルトニウム239と言うのは、速中性子で効率的な核分裂を起こす為、「もんじゅ」等では減速材と冷却材にナトリウムを使用しているでしょ?

話題のMOX燃料と言うのは、ウラン235とプルトニウム239を混合した燃料ですが、通常のウラン燃料でも、燃料の交換時期になるとプルトニウム239による核分裂の影響が多くなります。

運転中のウラン燃料はもとより、使用済み燃料プールに沈んでいるウラン燃料にも相当量のプルトニウムが含まれているんじゃないですか?

C_007

これが溶け出して一箇所に溜まったら、制御棒の無いMOX燃料のの出来上がりじゃないですか!!

まともな「有識者」って言うのは、専門分野のあらゆる可能性を追求する筈。

日本の「有識者」って、でたらめ言って国民を安心させようとする、ただの「サクラ」なのか?

ANJIN

| | コメント (1) | トラックバック (0)

我々に出来る事!!

私の住む静岡県の伊東市でも「買い付け騒動」が起きています。

何処のお店に行っても「米が無い」「乾電池が無い」「トイレットペーパーが無い」

C_001

(写真はGM計数管で表面汚染密度を測定されている女の子)

ここ、伊東市は被災地ではありません「買い付け騒動」なんて馬鹿な事はしないで下さい。

まるで石油ショックの時の様でした。

我々に出来る事は、

  1. 募金!!(詐欺で無い限り、これが一番応用が利いて被災地の役に立つ!!)
  2. 物資の買占めをしない。
  3. ボランティア(これは場合によってはかえって迷惑になる場合があるので自治体に要確認)
  4. 節電!!(国家の危機なんです、少しでも節電して大規模停電を阻止しましょう。)
  5. 最後に、祈る!!

こんな所かな?

C_002

私もさっそく募金はしました。物資を買い占めるような余分なお金があるなら募金しましょう。

C_003

C_004

予断を許さない状態の回避(燃料の継続的冷却成功)を祈っています!!

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

安否確認!!

私が2Fの定期検査に行っていた頃、よくお世話になった富岡町の「遊食屋」のママさん元気かのぉー・・・。

元気だったら一声聞きたいのぉー。

_57

_56

_61 

何時かはこうなる事がわかっていたけれど、生きている内に・・・・は「予想外!!」でした。

ANJIN

| | コメント (5) | トラックバック (0)

福島第一原子力発電所4号機

私が生きている間にこんな風景を見る事になるとは夢にも思いませんでした。

B_019

上の写真は水素爆発によってR/B OPFLの燃料交換機(FHM)があらわになった福島第一原子力発電所4号機の公開された写真ですが、凄まじいですね!!

B_020

人が近づけなくなった今、祈るだけです。

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

米国民は半径80キロ圏内から退避勧告

既に人間が近付いて作業を行う事が出来なくなった東京電力㈱福島第一原子力発電所。

米国民は、半径80キロ圏内から退避するように勧告されたらしい。

001_2

見るも無残な原子炉建屋①号~④号機。衛星写真や周辺の線量当量率を評価した結果、半径80キロ圏内には近付くな!!といった勧告になったらしい。

まー・・・既に人が近付いて作業を行う事の出来る状態ではないので、結構正しい勧告だと思う。

002

日本のマスコミは、周辺の放射線のレベルを測定した結果「安全である」と結論付けているが、その根拠が私にはわからない。

これらの原子炉は、一歩間違えれば大変な事になる要素を残したまま放水作業が行われており、作業者の被ばくも半端じゃない状況で作業を行っています。

「放水作業によって使用済み燃料の温度を下げられる」といった根拠の方がよっぽど希望的観測に過ぎないような気がします。なぜなら、使用済み燃料プール(FSP)から水が漏れたのはプールの底が破損したからであって、まさか「地震の振動でプールの半分の水が跳ね上がって喪失した」なんて考える人は少ないかと思います。また、「冷却システムが動作しなかった事によってプールの水が蒸発した」のであれば、もっと多くの放射性物質が大気中に放出されているはず。

使用済み燃料プールの「水を貯める」といったプールとしての機能は失われていないのであろうか?

ANJIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

東京電力㈱福島第一原子力発電所

ニュース等を見ていると、刻々と状況が悪化しているようです・・・。

既に人が近づいて作業をする事が出来ないレベルの放射線。

希望的観測ですと、このまま徐々にウラン燃料が冷えて行ってくれれば良いのですが、特に4号機は定期検査の準備中であったらしい・・・。

本当の事を言うと、私が原発で働いていた頃は制御棒(CR)がチャンネルボックスの間に挿入され、核分裂反応が終息した後、十分に熱を冷ましてから使用済み燃料プール(FSP)にチャンネルボックスを移動したり、ローテーションションしたりしていたのですが、近年は定期検査期間を短縮する為に燃料の温度が十分に冷める前に移動などの作業を行う様になっていた為、使用済み燃料プールを覗いてもチェレンコフ現象を見る事が出来るくらいの放射線を発していました。(チェレンコフ現象とは、強い放射線と水が反応してコバルトブルーの光を発する現象)

時既に遅く、運が良ければこのまま自然に終息するけれど、運が悪いと最悪の「炉心溶融」「燃料棒溶融」「再臨界へ」といったシナリオが浮かんできます。

ヘリコプターから死に物狂いでホウ酸水を原子炉の上に空いた穴から投入してほしいです・・・。

話は変わりますが、電力の供給が断たれた地域では、オール電化住宅に住んでる人はどうなってしまったんだろう? やっぱり家庭で使うエネルギーも様々な形態のエネルギーを程よい配分で使用するべきですね。

諸悪の根源!!「オール電化住宅反対!!」

ANJIN

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

メルトダウンが発生すると・・・

東北地方太平洋沖大震災関連のニュースを見ていると、東京電力㈱福島第一原子力発電所の1号機~3号機において「メルトダウン」が発生しているんじゃないか?といった報道を目にします。また、日本政府は実際にメルトダウンが発生していると言っていました。

B_017

しかし、現状では「最悪」の状態は回避されているようです。

「最悪の状態とは・・・」

 現状では、制御棒が挿入されており、継続した核分裂は終息しているのですが、燃料が溶け出し、炉底部の水に接触すると、圧力容器さえも吹き飛ばす様な水蒸気爆発又は水素爆発が発生し、さらに溶け出した燃料ウラン及びプルトニウムが一箇所に溜まる事によって再度核分裂反応が臨界に達する恐れがある。

この場合は制御棒なんか関係無く反応が進む為、核分裂のエネルギーは炉底部を溶かしながら地球の重力にしたがって下へ・・・・。

これを防ぐ為に中性子を吸収するホウ酸水を注入し、核分裂反応を終息させようとしているのですが、どこまで効果があるのか・・・。燃料が溶け出すのを防ぐ為に「海水」「ホウ酸水」「水」の注入に必死になっているのが現状です。

厄介なのは、圧力容器の圧力が高いと水を注入しようとしても押し戻されて水が入っていかない事。だから減圧する為にベントするんです。

B_018

そんな事をしている過程で、水が分解されて「水素」になった気体が原子炉建屋の天井部分に蓄積され、何らかの原因で爆発したのが「水素爆発」です。

「最悪の状態」とは、溶け出した燃料が再び核分裂の臨界をキープしたまま地球の中心に向かって、周りの物質を溶かしながら進んで行く現象が発生する事!!これが一昔前の洋画で話題となった「チャイナシンドローム」です。

メルトダウンの最悪のシナリオが発生したときは、大気中に放射性物質を大量に撒き散らすのは確実です。

ANJIN

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福島第一原子力発電所 2号機

東京電力福島第一原子力発電所2号機において、サプレッションチェンバーの破損が見られると報道がありました。

手持ちの資料から、初期型のBWR(マーク1かな?)のはずなのでこんな感じの系統図となります。

A_001

(クリックすると大きくなります!!)

原子炉の下の方丸い部分がサプレッションチェンバー(圧力抑制プール)です。

という事は・・・原子炉格納容器の健全性が保たれていないという事なのですが・・・・。

東京電力さん曰く、「原子炉格納容器の健全性は確保されていると・・・」

「おーい!!東電さん!!嘘ばっかし言わないで!!」

ANJIN

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

東北地方太平洋沖地震・津波の現実

「東北地方太平洋沖地震」 時間が経つにつれて判明する被害の大きさにびっくりですね。

何故か自主規制によって、悲惨な現状をオブラートに包んで報道している日本のメディアですが、海外ではこんな写真が公表されています。

A_001

A_002

A_003

被災された方のご冥福を心よりお祈りいたします。

募金活動に行ってきます。(募金するだけだが・・・)

A_004

A_005

A_006

瓦礫の中に人々が生き埋めになっている事を思うと、せめて募金でも・・・と思います。

A_007

A_008

放射性物質の降り積もった作物等が出回るのも怖いが、まずは復興を!!

ANJIN

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

福島第一原子力発電所 3号機

3号機もなのか・・・

HPCS高圧炉心スプレーが停止したらしい・・・。LPCS低圧炉心スプレーに交替出来ないのは、電源の喪失に加えてバッテリーも底をついたからと・・・・。

まー炉内の圧力もコントロール出来るようになったみたいだし、良い方向へは進んでいるのかな?

ただし、炉圧を落とす為にベントしたら、放射性物質が周囲に拡散されるのは確実なので、半径10キロ以上は距離を取りましょうね!!

_12

_13

上の写真は昨日の1号機爆発前後の写真ですが、3号機でも同じ事が起きる可能性があると言う・・・。

_15

_16

上の写真は、1号機爆発後に避難民の被ばく(この場合は放射性物質の体表面への付着)をGM計数管で調べている所ですが、こんなおっさん達がゾロゾロしている風景ってゾッとしますね。ちなみにこの測定器の表示はCPM(カウントパーミニッツ)と表示されますが、テレビのニュースでそのまんま1000CPMとか発表してるのは笑えました。普通は表面汚染密度(Bq/㎠)に換算して発表するはず・・・。

実際周辺住民は被ばくしているみたいですが、「だから大本営発表前に逃げろ!!」と言ったでしょ!!

ANJIN

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

福島第一原子力発電所1号機

原子力保安院の、この的を得ない質疑応答はいったい何なんだ?

映像では明らかに一つの建屋が無くなってるのに、何が吹き飛んだのかもハッキリしない・・・。

まーこの爆発で4人の怪我で収まる訳は無いが・・・。

大本営発表を待ってたら大変な事になるぞ!!

風下に住んでいる人は速やかに迂回して原発の風上に逃げる事をお勧めします。

_01

1号機の原子炉建屋が吹き飛んで、骨組みだけになってるのがよくわかる!!

_03

上の画像の方がわかりやすいかな?水蒸気爆発によって骨組みだけになった「東京電力㈱福島第一原子力発電所1号機 原子炉建屋」

ANJIN

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チャイナシンドローム!?

東北地方太平洋沖地震によって電源喪失した東京電力福島第一、第二原子力発電所。

すごい事になってますねぇー。以前は私も福島第一原子力発電所の1号機では、結構被ばくしてきました。

そもそも政府も電力会社も「電源喪失」なんて事は絶対に有り得ません。といい続けてきました。何故なら、原子力発電所の安全システムが稼動する為には電源が必要だったから・・・。

通常の残留熱除去にはRHR(残留熱除去系)が稼動しており、RHRポンプにて冷却水を循環しています。原子炉の隔離時には原子炉隔離時冷却系(RCIC)が稼動するのですが、これはタービン駆動!!補助蒸気(AS)にて運転します。これも使えない場合にECCSが作動するのに、非常用ディーゼル発電機の電源が無いと動かない・・・。(炉心に復水タンクやサプレッションチェンバーから強制的に注水するシステム)

今回のように、津波によってディーゼル発電機が海水に浸かって動かない場合は・・・・成す術がない。

「そもそも非常用ディーゼル発電機を、なぜ海に面したタービン建屋の並びに設置してあるんだよ!!」

これじゃ、津波が来たら電源喪失するのは当たり前じゃないの?と思っても、電力会社は「非常用発電機は複数あるので万全です!!」とか言っていた・・・。

核分裂生成物のセシウム137やストロンチウム90、ヨウ素131等が検出されたら、燃料棒の破損~炉心溶融が始まってるのは確実ですね。

「これこそ、昔映画で話題になったチャイナシンドローム

原子炉の圧力を減圧する為に減圧弁の操作をするのも東京電力社員では無く、協力業者の「被ばく要員」である事も大問題だね。でも、SRV(セイフティーリリース弁)は一定以上の圧力がかかると自動的に減圧するのに・・・???

本当の最後の手段としては、ホウ酸水注入系があるけどね。(PWRではホウ酸水濃度によって原子炉出力を制御するけど、BWRでは制御棒で制御するから、ホウ酸水を注入すると原子炉が使えなくなると言われていたから「最終手段」

ちなみに、福島第一原子力発電所の1号機は、アメリカGE社が製作し、東芝の手に余って(手に負えなかった)日立が中身を全て国産(日立製)に入れ替えた、日立製作所にとってはドル箱の原子炉でした。

ANJIN

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2011年4月 »